遊休地を収益化する

野立て太陽光発電

 

別荘地や相続した土地などを、継続的に収益化する方法が野立て太陽光発電。遊休地に野立て方式の太陽光発電システムを導入し、経済産業省が発表した電力買取制度(売電)を利用することで、新たな収益を得ることが可能となります。

太陽光発電収益化の時代へ

平成24年7月1日から始まった「再生可能エネルギーの固定買い取り制度」により、今までの節電対策や環境貢献主体の設置から、発電・売電による収益を目的とした設置へと変化しました。長期の安定収入を確保したい方々が増加しています。

利益確保が早い野立て太陽光

野立て方式では土地再開発の必要性がほとんどありません。初期投資を抑えられるため、収益を早くあげられるのが魅力です。弊社でも那須の芭蕉温泉ランドテニスコート跡地を活用する「那須太陽光発電プラントプロジェクト」を展開中です。

野立て太陽光展開例

遊休地売却で素早く現金化

お持ちの不要な土地が、下記の条件を満たす場合は、弊社専門スタッフが無料にて査定させていただきます。

  • 日当たりが良好
  • 農地でない(農転可能なら可)
  • 近隣に送電設備(電柱)がある

※平坦地、斜面を問いません